機能カスタマイズ版のアップデート後、カート追加モーダルが表示されない時

キャッシュ削除を行っても、規格ごとのカートボタンクリックで、カート追加モーダルが表示されない場合は、ブラウザのキャッシュが反映されている可能性があります。

image

次の方法を試してみてください。

(1)■src/Eccube/Resource/template/default/Product/detail.twig
(appフォルダに生成されている場合は、そちらを修正してください)
313行目付近を修正(ファイル名を変更します)
———————————-
{% include ‘Product/option_detailclass_script.twig’ %}
———————————-
↓【修正】
———————————-
{% include ‘Product/option_detailclass_script2.twig’ %}
———————————-

(2)ファイル名を変更
■src/Eccube/Resource/template/default/Product/option_detailclass_script.twig
(appフォルダに生成されている場合は、そちらを修正してください)
———————————-
option_detailclass_script.twig
———————————-
↓【修正】
———————————-
option_detailclass_script2.twig
———————————-

(3)管理画面で「キャッシュ削除」を行う。

(4)動作が確認できたら、(1)の記述と(2)のファイル名を元に戻し、「キャッシュ削除」を行ってください。

 

スタイルシートCSSの変更が反映されない時

EC-CUBEのstyle.cssを編集後、キャッシュ削除を行ってもフロントページに反映されないときがあります。これは、ブラウザのキャッシュが読み込まれていることが原因なので、ブラウザのキャッシュを削除すれば反映されます。
しかし、たびたびこの作業を行うのは面倒です。そんな時は、<link>タグにパラメータを付与して、常にstyle.cssを読み込ませるようにすると、煩わしさを解消できます。

■src/Eccube/Resource/template/default/default_frame.twig
(appフォルダに生成されている場合は、そちらを修正してください)
——————————-
<link rel=”stylesheet” href=”{{ asset(‘assets/css/style.css’) }}”>
——————————-
↓【修正】
——————————-
<link rel=”stylesheet” href=”{{ asset(‘assets/css/style.css’) }}?{{ ‘now’|date(‘His’) }}“>
——————————-

赤字を追加すると、下記のように、パラメータに時刻(14時32分27秒)が付与され、常に更新されたCSSとして読み込まれます。
<link rel=”stylesheet” href=”/・・・・・・・・・・/html/template/default/assets/css/style.css?143227“>

EC-CUBE4 帳票PDFプラグイン:帳票に「熨斗(のし)を配送別で指定するプラグイン」を反映する

pdf001

pdf002

■app/Plugin/ReportPdf/Service/ReportPdfService.php(通常版)
■app/Plugin/ReportPdf2/Service/ReportPdf2Service.php(軽減税率対応版)

(1)「お買上げ明細」の「受注詳細表」の開始位置を下に移動し、スペースを確保する。

① protected function setFancyTable($header, $data, $w){ }内、
142」を「152」へ変更する。
——————————-
// 開始座標の設定
$this->setBasePosition(0, 142);
——————————-
↓【変更】
——————————-
// 開始座標の設定
$this->setBasePosition(0, 152);
——————————-

② protected function setFancyTable2($header, $data, $w){ }内、
70」を「80」へ変更する。
——————————-
// 開始座標の設定
$this->setBasePosition(0, 70);
——————————-
↓【変更】
——————————-
// 開始座標の設定
$this->setBasePosition(0, 80);
——————————-

 

(2)のしの希望を追加する。

① protected function renderOrderData(Shipping $Shipping, array $formData){ }内、

// ▼のしプラグイン ~ // ▲のしプラグイン を追加します。
——————————-
// =========================================
// ▼お買上げ明細のお届け先・お支払い方法等
// =========================================

// お支払い方法
$text = ‘お支払い方法:’ . $Order->getPayment();
$this->lfText(124, 114, $text, 10);

$y = 116; // 開始y軸位置

// 配送業者
if($formData[‘haiso_show’] != 2 and $Shipping->getShippingDeliveryName()) {
$y += 4;
$text = ‘配送業者:’.$Shipping->getShippingDeliveryName();
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
}
// お届け日
if($Shipping->getShippingDeliveryDate()) {
$y += 4;
$text = ‘お届け日:’.$Shipping->getShippingDeliveryDate()->format(‘Y/m/d’);
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
}
// お届け時間
if($Shipping->getShippingDeliveryTime()) {
$y += 4;
$text = ‘お届け時間:’.$Shipping->getShippingDeliveryTime();
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
}
// ▼のしプラグイン
if($Shipping->getGiftCheck() == ‘希望する’) {
$y += 6;
$text = ‘のしの種類:’.$Shipping->getGiftKind();
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
$y += 4;
$text = ‘表書き(上段):’.$Shipping->getGiftTie();
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
if($Shipping->getGiftTie() == ‘その他’) {
$y += 4;
$text = ‘┗ 表書き[その他]:’.$Shipping->getGpTitle();
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
}
$y += 4;
$text = ‘お名前(下段):’.$Shipping->getGpName();
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
} else {
$y += 6;
$text = ‘のし希望なし';
$this->lfText(124, $y, $text, 10);
}
// ▲のしプラグイン
——————————-

② protected function renderShippingData(Shipping $Shipping, array $formData) { }内、

// ▼のしプラグイン ~ // ▲のしプラグイン を追加します。
——————————-
// お問い合わせ番号
if($formData[‘contact_show’] != 2 and $Shippings->getTrackingNumber()) {
$y += 4;
$text = ‘お問い合わせ番号:’.$Shippings->getTrackingNumber();
$this->lfText(24, $y, $text, 10);
}

$y += 1;
if($formData[‘haiso_show’] != 2 and $Shippings->getShippingDeliveryName()) {
$y += 4;
$text = “配送業者:” . $Shippings->getShippingDeliveryName();
$this->lfText(24, $y, $text, 9);
}
if($Shippings->getShippingDeliveryDate()) {
$y += 4;
$text = “お届け日:” . $Shippings->getShippingDeliveryDate()->format(‘Y/m/d’) ;
$this->lfText(24, $y, $text, 9);
}
if($Shippings->getShippingDeliveryTime()) {
$y += 4;
$text = “お届け時間:” . $Shippings->getShippingDeliveryTime();
$this->lfText(24, $y, $text, 9);
}
// ▼のしプラグイン
if($Shippings->getGiftCheck() == ‘希望する’) {
$y += 6;
$text = ‘のしの種類:’.$Shippings->getGiftKind();
$this->lfText(24, $y, $text, 10);
$y += 4;
$text = ‘表書き(上段):’.$Shippings->getGiftTie();
$this->lfText(24, $y, $text, 10);
if($Shippings->getGiftTie() == ‘その他’) {
$y += 4;
$text = ‘┗ 表書き[その他]:’.$Shippings->getGpTitle();
$this->lfText(24, $y, $text, 10);
}
$y += 4;
$text = ‘お名前(下段):’.$Shippings->getGpName();
$this->lfText(24, $y, $text, 10);
} else {
$y += 6;
$text = ‘のし希望なし';
$this->lfText(24, $y, $text, 10);
}
// ▲のしプラグイン
——————————-

※ 注意!
追加コード、if($Shipping->getGiftCheck() == ‘希望する‘) {
希望する」は、マスターデータ管理:mtb_gift_check ID:1のNameと同じでなければいけません。
ご自身で変更されている場合は、ご注意ください。

 

EC-CUBE4 帳票PDFプラグイン:複数配送の場合、「配送先ごとに作成」したときの宛名を注文者にする。

■app/Plugin/ReportPdf/Service/ReportPdfService.php(通常版)
■app/Plugin/ReportPdf2/Service/ReportPdf2Service.php(軽減税率対応版)

protected function renderOrderData(Shipping $Shipping, array $formData){ }内、
下記コードの「2」を「0」に変更します。全部で6カ所あります。
——————————————
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 2) {
——————————————

変更後、以下のようになります。
——————————————
// =========================================
// 購入者情報部
// =========================================

$Order = $Shipping->getOrder();

// 郵便番号
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$zip = substr($Shipping->getPostalCode(),0,3).”-“.substr($Shipping->getPostalCode(),3);
} else {
$zip = substr($Order->getPostalCode(),0,3).”-“.substr($Order->getPostalCode(),3);
}
$text = ‘〒 ‘.$zip;
$this->lfText(23, 33, $text, 10);

// 購入者都道府県+住所1
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$text = $Shipping->getPref().$Shipping->getAddr01();
} else {
$text = $Order->getPref().$Order->getAddr01();
}
$this->lfText(27, 37, $text, 10);

//購入者住所2
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$text = $Shipping->getAddr02();
} else {
$text = $Order->getAddr02();
}
$this->lfText(27, 41, $text, 10);

// 会社名
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$company_name = $Shipping->getCompanyName();
} else {
$company_name = $Order->getCompanyName();
}
$y = 41; // 開始y軸位置
if($company_name) {
$y += 6;
$text = $company_name;
$this->lfText(27, $y, $text, 10);
}

// 購入者氏名
$y += 4;
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$text = $Shipping->getName01().’ ’.$Shipping->getName02().’ 様';
} else {
$text = $Order->getName01().’ ’.$Order->getName02().’ 様';
}
$this->lfText(27, $y, $text, 11);

// TEL
$y += 4;
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$tel = $Shipping->getPhoneNumber();
} else {
$tel = $Order->getPhoneNumber();
}
$text = ‘TEL: ‘.$tel;
$this->lfText(27, $y, $text, 11);
——————————————

 

EC-CUBE4.0.3→EC-CUBE4.0.4 バージョンアップ:デザインテンプレートに関わるファイル一覧

EC-CUBE4.0.3からEC-CUBE4.0.4への バージョンアップにおいて、デザインテンプレートに関わるファイルの一覧は次の通りです。
赤字は修正内容です。

=============================================
1 twigファイル
=============================================

(1)app/template/テンプレートコード/default_frame.twig
・bootstrapのURLが変更されている。

(2)app/template/テンプレートコード/Block/eyecatch.twig
・class属性(ec-eyecatchRole__introDescription)の記述ミスが修正されている。

(3)app/template/テンプレートコード/Mail/order.html.twig
(4)app/template/テンプレートコード/Mail/order.twig
・「※ は軽減税率対象商品です。」の表示条件を改善

(5)app/template/テンプレートコード/Mypage/history.twig
・「※ は軽減税率対象商品です。」の表示条件を改善

(6)app/template/テンプレートコード/Shopping/confirm.twig
(7)app/template/テンプレートコード/Shopping/index.twig
・「※ は軽減税率対象商品です。」の表示条件を改善

=============================================
2 htmlフォルダ内のファイル ★は新規追加
=============================================

(1)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.css
(2)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.css.map★
(3)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.min.css★
(4)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.min.css.map★

(5)html/template/テンプレートコード/assets/css/maps/style.min.css.map★

(6)html/template/テンプレートコード/assets/js/function.js
・#shopping-formが、.ec-orderRoleに変更されている。

(7)html/template/テンプレートコード/assets/scss/style.scss

(8)html/template/テンプレートコード/assets/scss/component/_1.2.typo.scss

(9)html/template/テンプレートコード/assets/scss/mixins/_forms.scss

(10)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_11.2.header.scss
(11)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_12.2.eyecatch.scss
(12)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_12.6.newItem.scss
(13)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_13.4.cartModal.scss
(14)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_14.1.product.scss

EC-CUBE4.0.3→EC-CUBE4.0.4 バージョンアップファイルの一覧

1 EC-CUBE4.0.4では、データベースが変更されています。

(1)dtb_delivery_duration
(2)dtb_csv
(3)dtb_page

EC-CUBE4.0.3のデータベースに対して、次のSQLで変更することができます。

———————————
UPDATE dtb_delivery_duration SET duration = -1 WHERE id = 9 and duration = 0;
UPDATE dtb_csv SET disp_name = “出荷ID” WHERE id = 105;
UPDATE dtb_csv SET disp_name = “出荷ID” WHERE id = 176;
———————————

———————————
UPDATE dtb_page SET meta_tags = “<meta property=””og:type”” content=””og:product”” />
<meta property=””og:title”” content=””{{ Product.name }}”” />
<meta property=””og:image”” content=””{{ url(‘homepage’) }}{{ asset(Product.main_list_image|no_image_product, ‘save_image’) }}”” />
<meta property=””og:description”” content=””{{ Product.description_list|striptags }}”” />
<meta property=””og:url”” content=””{{ url(‘product_detail’, {‘id': Product.id}) }}”” />
<meta property=””product:price:amount”” content=””{{ Product.getPrice02IncTaxMin }}””/>
<meta property=””product:price:currency”” content=””{{ eccube_config.currency }}””/>
<meta property=””product:product_link”” content=””{{ url(‘product_detail’, {‘id': Product.id}) }}””/>
<meta property=””product:retailer_title”” content=””{{ Product.name }}””/>” WHERE id = 3;
———————————

※ 税率の初期値が10%に変更されていますが、既に運用されているため、データベースの税率を変更する必要はありません。

続きを読む EC-CUBE4.0.3→EC-CUBE4.0.4 バージョンアップファイルの一覧

EC-CUBE4機能カスタマイズSP版:Q-Rコード

カスタマイズ内容

・ブロックを配置したページのQ-Rコードが自動的に生成されます。
・jquery.classyqrを利用しています。

商品一覧にブロックを配置

007-1

商品詳細では、ブロックが読み込まれています。(ブロック配置は行っていません)

007-2

商品詳細から削除、または、表示位置を変更

■src/Eccube/Resource/template/default/Product/detail.twig
257行目付近を削除、または移動。

007-3

EC-CUBE4機能カスタマイズSP版:ポイントお知らせブロック

カスタマイズ内容

ポイント機能を有効にすると、グローバルメニューの「商品一覧」で読み込まれます。
サイドカラム等に配置して使用することもできます。
ポイントレートは自動的に表示されます。
ログイン時は、会員名・所持ポイントが自動的に表示されます。

003-1