EC-CUBE3:インストール方法

1 データベースを作成

EC-CUBE3をインストールする前に、データベースを作成しておきます。
MySQLまたはPostgreSQL

2 EC-CUBE3アップロード

ダウンロードしたすべてのファイルをサーバにアップロードする必要はありません。
サーバにアップロードするファイルは次の通り。

app
html
src
vendor
autoload.php
cli-config.php
▼シェルスクリプトインストーラーを利用する場合
eccube_install.sh

001

▼参考(圧縮したファイルをサーバで解凍)

アップロードするファイルを圧縮しサーバ上で解凍するという方法で行うと、アップロード時のファイルの破壊もなく短時間でアップロードできます。
通常はサーバに合致したパーミッションで解凍されるので、アップロード後のパーミッション変更も必要ありません。

(1)ファイルをすべて選択して、zipファイルに圧縮する。
ファイル名は任意。ここではdata.zip

002

(2)FTPでzipファイル(data.zip)をサーバへアップロードする。

003

① ドメイン直下にインストールする場合は下記のように
■http://○○○/data.zip

② ドメイン内のフォルダ(たとえばshop)にインストールする場合は下記のように
■http://○○○/shop/data.zip

(3)zipファイルをPHPで解凍する。

▼zip.php 作成


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>ZIP</title>
</head>

<body>
<?php
 $zip_file = 'data.zip'; // 展開するzipファイルを指定

$zip = new ZipArchive;
 if($zip->open("$zip_file") === TRUE) {
 $zip->extractTo('./');
 $zip->close();
 echo '成功';
 } else {
 echo '失敗';
 }
 ?>
</body>
</html>

(4)zip.phpをzipファイル(data.zip)と同じ場所にアップロード

004

(5)zip.phpにアクセスすると、zipファイル(data.zip)が解凍される。

① ドメイン直下に置いた場合のアクセス
http://○○○/zip.php

② フォルダ内(ここではshop)に置いた場合のアクセス
http://○○○/shop/zip.php

(6)ブラウザに「成功」と表示されれば、解凍が完了。

005

(7)zipファイル(data.zip)とzip.phpをサーバ上から削除する。

3 EC-CUBE3のインストール

Webインストーラーを利用したインストール方法

① ドメイン直下にインストールする場合は、下記へアクセスするとインストール画面が表示されます。
■http://○○○/html/

② ドメイン内のフォルダ(たとえばshop)にインストールする場合は、下記へアクセスするとインストール画面が表示されます。
■http://○○○/shop/html/

あとは、インストール画面のメッセージにしたがってインストール作業を行います。

1 ようこそ
2 権限チェック
3 サイトの設定
4 データベースの設定
5 データベースの初期化
6 インストール完了

4 EC-CUBE3のURL変更(URLから /html を削除)

インストール完了後、サイトのURLは以下のようになります。

① ドメイン直下にインストールした場合
■http://○○○/html/

② ドメイン内のフォルダ(たとえばshop)にインストールした場合
■http://○○○/shop/html/

/html/ が余計ですので、これを削除する方法は次の通りです。

(1)htmlフォルダ内の下記ファイルを1つ上の階層に移動する。
—————————-
.htaccess
index.php
index_dev.php
robots.txt
—————————-
006

(2)次のファイルを修正する。

① ■index.php

require __DIR__.'/../autoload.php';

↓【変更】

require __DIR__.'/autoload.php';

 

② ■index_dev.php

1)

'/../autoload.php'

↓【変更】

'/autoload.php'

2)


'/../app/config/eccube/config_dev.yml'

↓【変更】

'/app/config/eccube/config_dev.yml'

3) 

'/../app/cache/profiler'

↓【変更】

'/app/cache/profiler'

 

(3EC-CUBE3のインストール後、サーバに下記ファイルが生成されているのでダウンロードして修正する。

■/app/config/eccube/path.yml

7行目付近、
———————
root_urlpath: の /html を削除する
———————

(4)上記操作により、次のURLで表示されるようになります。

① ドメイン直下にインストールした場合
■http://○○○/

管理画面:フォルダをadminで登録した場合
■http://○○○/admin/

② ドメイン内のフォルダ(たとえばshop)にインストールした場合
■http://○○○/shop/

管理画面:フォルダをadminで登録した場合
■http://○○○/shop/admin/

(5) オーナーズストア>テンプレート管理で、テンプレートを変更した時の挙動

007

「URLから /html を削除」して運用している場合、テンプレートを変更するとフロントページが正しく表示されません。

008

テンプレート変更と同時に再生成される(3)のpath.ymlを修正する必要があります。
テンプレート適用後、新しく生成されたpath.ymlをダウンロードして修正します。

■/app/config/eccube/path.yml

「new_template」はテンプレートコード

front_urlpath: /eccube/ec308pg2/template/new_template

↓【修正】 html/  を追加する。

front_urlpath: /eccube/ec308pg2/html/template/new_template

テンプレートを変更した場合、変更の度に上記の修正を行う必要があります。