EC-CUBE4:帳票PDF[軽減税率対応版]プラグイン

ご購入はこちら

納品書、見積書、請求書、領収書をPDFで出力することができます。軽減税率対応。EC-CUBE4.0.3以降に対応。

バナー

• EC-CUBE4.0.3以降に対応。
• 納品書、見積書、請求書、領収書を作成することができます。
• 複数の配送先がある場合は、それぞれのお届け先、配送方法、配送商品を出力します。
• ご注文手続き画面での「お問い合わせ」を出力することができます。
• 「ロゴ画像」「印鑑枠」「お問い合わせ番号」「配送業者」「お問い合わせ」などはチェックの有無により表示・非表示が可能です。
• 軽減税率対象の商品名には、※印が付与されます。
• 送料、手数料は、10%税率対象合計に加算されます。
• クーポンプラグインによる割引額とポイント還元額には税率は適用されません
EC-CUBE4では、受注一覧が配送先ごとに表示されるようになり、デフォルトの作成機能では、複数配送先をまとめて作成することが出来ません。
本プラグインは、EC-CUBE2・3系と同様、注文者と配送先を一括でまとめて作成することができます。
000

EC-CUBE4:帳票PDFプラグイン

ご購入はこちら

納品書、見積書、請求書、領収書をPDFで出力することができます。

バナー

• 納品書、見積書、請求書、領収書を作成することができます。
• 複数の配送先がある場合は、それぞれのお届け先、配送方法、配送商品を出力します。
• ご注文手続き画面での「お問い合わせ」を出力することができます。
• 「ロゴ画像」「印鑑枠」「お問い合わせ番号」「配送業者」「お問い合わせ」などはチェックの有無により表示・非表示が可能です。
EC-CUBE4では、受注一覧が配送先ごとに表示されるようになり、デフォルトの作成機能では、複数配送先をまとめて作成することが出来ません。
本プラグインは、EC-CUBE2・3系と同様、注文者と配送先を一括でまとめて作成することができます。
000

EC-CUBE4.0.2カスタマイズ版を4.0.3へバージョンアップする方法

ご注意!

バージョンアップは、あくまでもご自身の責任で行ってください。
上手くいかない場合の原因を特定することはできませんので、こちらでは対応出来ませんし、責任も持てません。
必ずバックアップを取り、元に戻せる体制を整えてから、バージョンアップをお願いします。

ご自身でカスタマイズ編集されているファイルが、今回のバージョンアップファイルに含まれている場合、ファイルを上書きすると編集箇所がなくなってしまいます。
編集箇所をご確認の上、ファイル上書き後に、ご自身の編集箇所を追加するようにしてください。

続きを読む EC-CUBE4.0.2カスタマイズ版を4.0.3へバージョンアップする方法

EC-CUBE4.0.2→EC-CUBE4.0.3 バージョンアップファイルの一覧

EC-CUBE4.0.3では、次のデータベースが追加されています。

① dtb_order_itemに、tax_adjustカラムが追加。
② dtb_csvに、「税率」というデータが追加。

EC-CUBE4.0.2のデータベースに対して、次のSQLで追加することができます。
▼MySQL
———————————
ALTER TABLE dtb_order_item ADD tax_adjust decimal unsigned NOT NULL DEFAULT 0;
INSERT INTO dtb_csv (id, csv_type_id, creator_id, entity_name, field_name, reference_field_name, disp_name, sort_no, enabled, create_date, update_date, discriminator_type) VALUES (LAST_INSERT_ID(), 1, null , ‘Eccube\\\\Entity\\\\ProductClass’, ‘TaxRule’, ‘tax_rate’, ‘税率’, 31, false, CURRENT_TIMESTAMP, CURRENT_TIMESTAMP,’csv’);
———————————
▼PostgreSQL
———————————
ALTER TABLE dtb_order_item ADD tax_adjust decimal NOT NULL DEFAULT 0;
INSERT INTO dtb_csv (id, csv_type_id, creator_id, entity_name, field_name, reference_field_name, disp_name, sort_no, enabled, create_date, update_date, discriminator_type) VALUES (nextval(‘dtb_block_block_id_seq’), 1, null , ‘Eccube\\\\Entity\\\\ProductClass’, ‘TaxRule’, ‘tax_rate’, ‘税率’, 31, false, CURRENT_TIMESTAMP, CURRENT_TIMESTAMP,’csv’);
select setval(‘dtb_csv_id_seq’,(select max(id) from dtb_csv));
———————————

続きを読む EC-CUBE4.0.2→EC-CUBE4.0.3 バージョンアップファイルの一覧

EC-CUBE3:個別税率(軽減税率)が商品詳細ページ、金額計算に反映されない点を解消

2019年9月2日に(1)について掲載しました。
その後、2019年10月4日にGitHub/EC-CUBEでの解消方法を確認しましたので、(3)にその情報を掲載します。
不具合を解消する場合は、(3)の方法で行うとよいでしょう。

既に、(1)の方法で修正されている場合は、(2)の方法で元にもどしてから、(3)の方法で修正を行ってください。

 

zeiritu

・ 商品別税率機能を有効
・ 税率一覧 ID:1の「編集」で税率を10%に変更

商品登録画面の「詳細な設定」に消費税率欄が表示されます。
軽減税率に該当する商品のみ、「8」を入力します。(入力しない商品は、10%が適用)

ところが、
個別税率(軽減税率)が商品詳細ページ、金額計算に反映されません。

(1)次のファイルの修正で、正常な動作になります。

■src/Eccube/Repository/TaxRuleRepository.php
157行目付近、変更。

// Product
if ($Product && $productId > 0) {
$qb->andWhere('t.Product IS NULL OR t.Product = :Product');
$parameters['Product'] = $Product;
} else {
$qb->andWhere('t.Product IS NULL');
}

↓【修正】

// Product
if ($Product && $productId > 0) {
$qb->andWhere('t.Product IS NULL OR t.Product = :Product');
$parameters['Product'] = $Product;
// ▼個別税率設定が商品詳細ページに反映されない点を解消(下の2行を追加)
} else if ($ProductClass && $productClassId > 0) {
// ProductClassが渡ってきているが、$Productがnullのタイミングがあった時の対応
} else {
$qb->andWhere('t.Product IS NULL');
}

(2)上記の修正を元に戻す

下記の記述が(1)の修正で追加した部分なので、この部分を削除してください。
—————————————————–
// ▼個別税率設定が商品詳細ページに反映されない点を解消(下の2行を追加)
} else if ($ProductClass && $productClassId > 0) {
// ProductClassが渡ってきているが、$Productがnullのタイミングがあった時の対応
—————————————————–
↓【削除して元に戻す】

// Product
if ($Product && $productId > 0) {
$qb->andWhere('t.Product IS NULL OR t.Product = :Product');
$parameters['Product'] = $Product;
} else {
$qb->andWhere('t.Product IS NULL');
}

(3) 修正ファイルは同じです。

■src/Eccube/Repository/TaxRuleRepository.php

86行目付近に下記コードを追加します。
—————————————————————
// Product が null の場合は正常に税率取得できないため, Product を取得し直す
if ($ProductClass instanceof \Eccube\Entity\ProductClass && $Product === null) {
$this->getEntityManager()->refresh($ProductClass);
$Product = $ProductClass->getProduct();
}
—————————————————————
↓【結果、追加コードを含めた前後の記述】


// Pref Country 設定
 if (!$Pref && !$Country && $this->app['security']->getToken() && $this->app['security']->isGranted('ROLE_USER')) {
 /* @var $Customer \Eccube\Entity\Customer */
 $Customer = $this->app['security']->getToken()->getUser();
 $Pref = $Customer->getPref();
 $Country = $Customer->getCountry();
 }

// Product が null の場合は正常に税率取得できないため, Product を取得し直す
 if ($ProductClass instanceof \Eccube\Entity\ProductClass && $Product === null) {
 $this->getEntityManager()->refresh($ProductClass);
 $Product = $ProductClass->getProduct();
 }

 // 商品単位税率設定がOFFの場合
 /** @var $BaseInfo \Eccube\Entity\BaseInfo */
 $BaseInfo = $this->app['eccube.repository.base_info']->get();
 if ($BaseInfo->getOptionProductTaxRule() !== Constant::ENABLED) {
 $Product = null;
 $ProductClass = null;
 }

▼参考
https://github.com/EC-CUBE/ec-cube/pull/4310/files

EC-CUBE4:「熨斗(のし)を配送別で指定するプラグイン」修正のお願い

プラグインを有効にすると、noshi_mailtemplate_code.txtが、コンテンツ管理>ファイル管理に生成されますが、そのnoshi_mailtemplate_code.txtに誤りがありました。
テキストファイル通りにメールテンプレートに記載すると、「のしの種類」と「表書き(上段)」が逆に表示されてしまいます。

以下に示したファイルを下記のように修正してください。
「のしの種類」→GiftKind
「表書き(上段)」→GiftTie

修正後、管理画面でキャッシュ削除を行い、修正を反映させてください。

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

(1)■src/Eccube/Resource/template/default/Mail/order.html.twig

109行目付近
——————————————
のしの種類:{{ Shipping.GiftKind|default(‘選択されていません。’) }}&br/>
表書き(上段):{{ Shipping.GiftTie|default(‘なし’) }}&br/>
——————————————

(2)■src/Eccube/Resource/template/default/Mail/order.twig

94行目付近
——————————————
のしの種類:{{ Shipping.GiftKind|default(‘選択されていません。’) }}
表書き(上段):{{ Shipping.GiftTie|default(‘なし’) }}
——————————————

(3)■src/Eccube/Resource/template/default/Mail/shipping_notify.html.twig

83行目付近
——————————————
のしの種類:{{ Shipping.GiftKind|default(‘選択されていません。’) }}&br/>
表書き(上段):{{ Shipping.GiftTie|default(‘なし’) }}&br/>
——————————————

(4)■src/Eccube/Resource/template/default/Mail/shipping_notify.twig

66行目付近
——————————————
のしの種類:{{ Shipping.GiftKind|default(‘選択されていません。’) }}
表書き(上段):{{ Shipping.GiftTie|default(‘なし’) }}
——————————————

修正済みのnoshi_mailtemplate_code.txtは下記からダウンロードできます。
https://itoben.com/npshi_mailtemplate_code.txt

EC-CUBE3:3.0.17→3.0.18 バージョンアップファイルの一覧

(1)vendorフォルダを丸ごと入れ換え

現行サイトのvendorを削除し、新しいvendorと入れ替えてください。

(2)ファイルの入れ換え

以下、7点のファイルが修正されています。
下記ファイルについて、ご自身で編集されていない場合は、上書きされて構いませんが、編集されている場合は、編集箇所を追加してください。

直下
————————————
■composer.lock
————————————

src/Eccube/Common
————————————
■src/Eccube/Common/Constant.php
————————————

src/Eccube/Controller
————————————
■src/Eccube/Controller/ShoppingController.php
————————————

src/Eccube/Entity
————————————
■src/Eccube/Entity/Customer.php
■src/Eccube/Entity/Member.php
————————————

src/Eccube/Form
————————————
■src/Eccube/Form/Type/ShippingMultipleItemType.php
————————————

src/Eccube/Service
————————————
■src/Eccube/Service/ShoppingService.php
————————————

(3)上部のコメントエリアにおいて、下記の変更が行われているファイルが多数ありますが、プラグラム上問題が無いので、それらは変更ファイルとして扱っていません。

————————————
* Copyright(c) 2000-2015 LOCKON CO.,LTD. All Rights Reserved.
*
* http://www.lockon.co.jp/
————————————
↓【変更】
————————————
* Copyright(c) EC-CUBE CO.,LTD. All Rights Reserved.
*
* http://www.ec-cube.co.jp/
————————————

 

EC-CUBE4データ移行:受注データ(MySQL)

 

 

EC-CUBE4→EC-CUBE4機能カスタマイズ版

機能カスタマイズ版はインストールと同時に機能が実装されます。
詳しくは↓こちらをご覧ください。
EC-CUBE3機能カスタマイズ版 
EC-CUBE4機能カスタマイズ版

Ⅰ 移行元の操作

各テーブルのsqlをダウンロード(エクスポート)します。
—————————————-
① dtb_order
② dtb_order_item
③ dtb_order_pdf
④ dtb_shipping
—————————————-

Ⅱ 移行先の操作

1 dtb_order

外部キー制約あり。

dtb_shipping
① Constraint properties→「FK_2EBD22CE8D9F6D38」
② カラム→「order_id」

dtb_mail_history
① Constraint properties→「FK_4870AB118D9F6D38」
② カラム→「order_id」

dtb_order_item
① Constraint properties→「FK_A0C8C3ED8D9F6D38」
② カラム→「order_id」

(1)下記SQLを実行して外部キーを削除する。

ALTER TABLE dtb_shipping DROP FOREIGN KEY `FK_2EBD22CE8D9F6D38`;
ALTER TABLE dtb_mail_history DROP FOREIGN KEY `FK_4870AB118D9F6D38`;
ALTER TABLE dtb_order_item DROP FOREIGN KEY `FK_A0C8C3ED8D9F6D38`;

(2)dtb_orderテーブルを空にする。

(3)sqlをインポートする。アップロードファイル→参照、「実行」をクリック。

(4)下記SQLを実行して参照元テーブル「dtb_product_category」に外部キーを復元する。

DELETE FROM dtb_shipping WHERE order_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_order );
DELETE FROM dtb_mail_history WHERE order_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_order );
DELETE FROM dtb_order_item WHERE order_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_order );

ALTER TABLE dtb_shipping ADD CONSTRAINT FK_2EBD22CE8D9F6D38 FOREIGN KEY (order_id) REFERENCES dtb_order (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_mail_history ADD CONSTRAINT FK_4870AB118D9F6D38 FOREIGN KEY (order_id) REFERENCES dtb_order (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_order_item ADD CONSTRAINT FK_A0C8C3ED8D9F6D38 FOREIGN KEY (order_id) REFERENCES dtb_order (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;

2 dtb_order_item

dtb_order_item自身に設定されている外部キー制約を削除する。

dtb_shipping
・Constraint properties→「FK_A0C8C3ED4887F3F8」
・カラム→「shipping_id」

(1)下記SQLを実行して外部キーを削除する。

ALTER TABLE dtb_order_item DROP FOREIGN KEY `FK_A0C8C3ED4887F3F8`;

(2)dtb_order_itemテーブルを空にする。

(3)sqlをインポートする。アップロードファイル→参照、「実行」をクリック。

(4)下記SQLを実行して自身のテーブルに外部キーを復元する。

DELETE FROM dtb_order_item WHERE shipping_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_shipping );

ALTER TABLE dtb_order_item ADD CONSTRAINT FK_A0C8C3ED4887F3F8 FOREIGN KEY (shipping_id) REFERENCES dtb_shipping (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;

3 dtb_order_pdf

外部キー制約なし

(1)空にする。

(2)sqlインポート

4 dtb_shipping

外部キー制約あり。

dtb_order_item
① Constraint properties→「FK_A0C8C3ED4887F3F8」
② カラム→「shipping_id」

(1)下記SQLを実行して外部キーを削除する。

ALTER TABLE dtb_order_item DROP FOREIGN KEY `FK_A0C8C3ED4887F3F8`;

(2)dtb_shippingテーブルを空にする。

(3)sqlをインポートする。アップロードファイル→参照、「実行」をクリック。

(4)下記SQLを実行して参照元テーブルに外部キーを復元する。

DELETE FROM dtb_order_item WHERE shipping_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_shipping );

ALTER TABLE dtb_order_item ADD CONSTRAINT FK_A0C8C3ED4887F3F8 FOREIGN KEY (shipping_id) REFERENCES dtb_shipping (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;

EC-CUBE4データ移行:会員データ・管理者データ(MySQL)

 

 

EC-CUBE4→EC-CUBE4機能カスタマイズ版

機能カスタマイズ版はインストールと同時に機能が実装されます。
詳しくは↓こちらをご覧ください。
EC-CUBE3機能カスタマイズ版 
EC-CUBE4機能カスタマイズ版

※ ログイン暗号情報を移行するため、管理者のデータも移行する。

Ⅰ 移行元の操作

各テーブルのsqlをダウンロード(エクスポート)します。
—————————————-
① dtb_customer
② dtb_customer_address
③ dtb_customer_favorite_product
④ dtb_mail_history
⑤ dtb_member
—————————————-

Ⅱ 移行先の操作

1 dtb_customer

外部キー制約あり。

dtb_order
① Constraint properties→「FK_1D66D8079395C3F3」
② カラム→「customer_id」

dtb_customer_address
① Constraint properties→「FK_6C38C0F89395C3F3」
② カラム→「customer_id」

dtb_customer_favorite_product
① Constraint properties→「FK_ED6313839395C3F3」
② カラム→「customer_id」

(1)下記SQLを実行して外部キーを削除する。

ALTER TABLE dtb_order DROP FOREIGN KEY `FK_1D66D8079395C3F3`;
ALTER TABLE dtb_customer_address DROP FOREIGN KEY `FK_6C38C0F89395C3F3`;
ALTER TABLE dtb_customer_favorite_product DROP FOREIGN KEY `FK_ED6313839395C3F3`;

(2)dtb_customerテーブルを空にする。

(3)sqlをインポートする。アップロードファイル→参照、「実行」をクリック。

(4)下記SQLを実行して参照元テーブルに外部キーを復元する。

DELETE FROM dtb_order WHERE customer_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_customer );
DELETE FROM dtb_customer_address WHERE customer_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_customer );
DELETE FROM dtb_customer_favorite_product WHERE customer_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_customer );

ALTER TABLE dtb_order ADD CONSTRAINT FK_1D66D8079395C3F3 FOREIGN KEY (customer_id) REFERENCES dtb_customer (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_customer_address ADD CONSTRAINT FK_6C38C0F89395C3F3 FOREIGN KEY (customer_id) REFERENCES dtb_customer (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_customer_favorite_product ADD CONSTRAINT FK_ED6313839395C3F3 FOREIGN KEY (customer_id) REFERENCES dtb_customer (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;

2 dtb_customer_address

外部キー制約なし

(1)空にする。

(2)sqlインポート

3 dtb_customer_favorite_product

外部キー制約なし

(1)空にする。

(2)sqlインポート

4 dtb_mail_history

外部キー制約なし

(1)空にする。

(2)sqlインポート

5 dtb_member

外部キー制約あり。

dtb_faq
① Constraint properties→「FK_15046F5861220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_class_name
① Constraint properties→「FK_187C95AD61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_product_class
① Constraint properties→「FK_1A11D1BA61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_mail_template
① Constraint properties→「FK_1CB16DB261220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_ticker
① Constraint properties→「FK_1E9BC90861220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_shipping
① Constraint properties→「FK_2EBD22CE61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_product_image
① Constraint properties→「FK_3267CC7A61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_delivery
① Constraint properties→「FK_3420D9FA61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_topimage
① Constraint properties→「FK_3B5AB76661220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_lp
① Constraint properties→「FK_4177A97261220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_product_tag
① Constraint properties→「FK_4433E72161220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_mail_history
① Constraint properties→「FK_4870AB1161220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_authority_role
① Constraint properties→「FK_4A1F70B161220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_category
① Constraint properties→「FK_5ED2C2B61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_payment
① Constraint properties→「FK_7AFF628F61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_class_category
① Constraint properties→「FK_9B0D1DBA61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_product_stock
① Constraint properties→「FK_BC6C9E4561220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_product
① Constraint properties→「FK_C49DE22F61220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_news
① Constraint properties→「FK_EA4C351761220EA6」
② カラム→「creator_id」

dtb_csv
① Constraint properties→「FK_F55F48C361220EA6」
② カラム→「creator_id」

(1)下記SQLを実行して外部キーを削除する。

ALTER TABLE dtb_faq DROP FOREIGN KEY `FK_15046F5861220EA6`;
ALTER TABLE dtb_class_name DROP FOREIGN KEY `FK_187C95AD61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_product_class DROP FOREIGN KEY `FK_1A11D1BA61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_mail_template DROP FOREIGN KEY `FK_1CB16DB261220EA6`;
ALTER TABLE dtb_ticker DROP FOREIGN KEY `FK_1E9BC90861220EA6`;
ALTER TABLE dtb_shipping DROP FOREIGN KEY `FK_2EBD22CE61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_product_image DROP FOREIGN KEY `FK_3267CC7A61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_delivery DROP FOREIGN KEY `FK_3420D9FA61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_topimage DROP FOREIGN KEY `FK_3B5AB76661220EA6`;
ALTER TABLE dtb_lp DROP FOREIGN KEY `FK_4177A97261220EA6`;
ALTER TABLE dtb_product_tag DROP FOREIGN KEY `FK_4433E72161220EA6`;
ALTER TABLE dtb_mail_history DROP FOREIGN KEY `FK_4870AB1161220EA6`;
ALTER TABLE dtb_authority_role DROP FOREIGN KEY `FK_4A1F70B161220EA6`;
ALTER TABLE dtb_tax_rule DROP FOREIGN KEY `FK_59F696DE61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_category DROP FOREIGN KEY `FK_5ED2C2B61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_payment DROP FOREIGN KEY `FK_7AFF628F61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_class_category DROP FOREIGN KEY `FK_9B0D1DBA61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_product_stock DROP FOREIGN KEY `FK_BC6C9E4561220EA6`;
ALTER TABLE dtb_product DROP FOREIGN KEY `FK_C49DE22F61220EA6`;
ALTER TABLE dtb_news DROP FOREIGN KEY `FK_EA4C351761220EA6`;
ALTER TABLE dtb_csv DROP FOREIGN KEY `FK_F55F48C361220EA6`;

(2)dtb_memberテーブルを空にする。

(3)sqlをインポートする。アップロードファイル→参照、「実行」をクリック。

(4)下記SQLを実行して参照元テーブルに外部キーを復元する。

DELETE FROM dtb_faq WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_class_name WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_product_class WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_mail_template WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_ticker WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_shipping WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_product_image WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_delivery WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_topimage WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_lp WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_product_tag WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_mail_history WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_authority_role WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_tax_rule WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_category WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_payment WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_class_category WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_product_stock WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_product WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_news WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );
DELETE FROM dtb_csv WHERE creator_id NOT IN( SELECT id FROM dtb_member );

ALTER TABLE dtb_faq ADD CONSTRAINT FK_15046F5861220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_class_name ADD CONSTRAINT FK_187C95AD61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_product_class ADD CONSTRAINT FK_1A11D1BA61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_mail_template ADD CONSTRAINT FK_1CB16DB261220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_ticker ADD CONSTRAINT FK_1E9BC90861220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_shipping ADD CONSTRAINT FK_2EBD22CE61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_product_image ADD CONSTRAINT FK_3267CC7A61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_delivery ADD CONSTRAINT FK_3420D9FA61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_topimage ADD CONSTRAINT FK_3B5AB76661220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_lp ADD CONSTRAINT FK_4177A97261220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_product_tag ADD CONSTRAINT FK_4433E72161220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_mail_history ADD CONSTRAINT FK_4870AB1161220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_authority_role ADD CONSTRAINT FK_4A1F70B161220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_tax_rule ADD CONSTRAINT FK_59F696DE61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_category ADD CONSTRAINT FK_5ED2C2B61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_payment ADD CONSTRAINT FK_7AFF628F61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_class_category ADD CONSTRAINT FK_9B0D1DBA61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_product_stock ADD CONSTRAINT FK_BC6C9E4561220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_product ADD CONSTRAINT FK_C49DE22F61220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_news ADD CONSTRAINT FK_EA4C351761220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;
ALTER TABLE dtb_csv ADD CONSTRAINT FK_F55F48C361220EA6 FOREIGN KEY (creator_id) REFERENCES dtb_member (id) ON DELETE RESTRICT ON UPDATE RESTRICT;

6 移行元のパスワードでログインできるようにする

(1)移行元、EC-CUBE直下に生成されている「.env」をダウンロード
(2)ECCUBE_AUTH_MAGIC=***********************←コピー
(3)移行先、EC-CUBE直下に生成されている「.env」をダウンロード
(4)ECCUBE_AUTH_MAGIC=***********************←ペーストして、アップロード

つまり、移行元のECCUBE_AUTH_MAGICを移行先のECCUBE_AUTH_MAGICで使用するということです。