EC-CUBE4 帳票PDFプラグイン:複数配送の場合、「配送先ごとに作成」したときの宛名を注文者にする。

■app/Plugin/ReportPdf/Service/ReportPdfService.php(通常版)
■app/Plugin/ReportPdf2/Service/ReportPdf2Service.php(軽減税率対応版)

protected function renderOrderData(Shipping $Shipping, array $formData){ }内、
下記コードの「2」を「0」に変更します。全部で6カ所あります。
——————————————
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 2) {
——————————————

変更後、以下のようになります。
——————————————
// =========================================
// 購入者情報部
// =========================================

$Order = $Shipping->getOrder();

// 郵便番号
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$zip = substr($Shipping->getPostalCode(),0,3).”-“.substr($Shipping->getPostalCode(),3);
} else {
$zip = substr($Order->getPostalCode(),0,3).”-“.substr($Order->getPostalCode(),3);
}
$text = ‘〒 ‘.$zip;
$this->lfText(23, 33, $text, 10);

// 購入者都道府県+住所1
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$text = $Shipping->getPref().$Shipping->getAddr01();
} else {
$text = $Order->getPref().$Order->getAddr01();
}
$this->lfText(27, 37, $text, 10);

//購入者住所2
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$text = $Shipping->getAddr02();
} else {
$text = $Order->getAddr02();
}
$this->lfText(27, 41, $text, 10);

// 会社名
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$company_name = $Shipping->getCompanyName();
} else {
$company_name = $Order->getCompanyName();
}
$y = 41; // 開始y軸位置
if($company_name) {
$y += 6;
$text = $company_name;
$this->lfText(27, $y, $text, 10);
}

// 購入者氏名
$y += 4;
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$text = $Shipping->getName01().’ ’.$Shipping->getName02().’ 様';
} else {
$text = $Order->getName01().’ ’.$Order->getName02().’ 様';
}
$this->lfText(27, $y, $text, 11);

// TEL
$y += 4;
if ($Order->isMultiple() and $formData[‘delivery_multi’] == 0) {
$tel = $Shipping->getPhoneNumber();
} else {
$tel = $Order->getPhoneNumber();
}
$text = ‘TEL: ‘.$tel;
$this->lfText(27, $y, $text, 11);
——————————————

 

EC-CUBE4.0.3→EC-CUBE4.0.4 バージョンアップ:デザインテンプレートに関わるファイル一覧

EC-CUBE4.0.3からEC-CUBE4.0.4への バージョンアップにおいて、デザインテンプレートに関わるファイルの一覧は次の通りです。
赤字は修正内容です。

=============================================
1 twigファイル
=============================================

(1)app/template/テンプレートコード/default_frame.twig
・bootstrapのURLが変更されている。

(2)app/template/テンプレートコード/Block/eyecatch.twig
・class属性(ec-eyecatchRole__introDescription)の記述ミスが修正されている。

(3)app/template/テンプレートコード/Mail/order.html.twig
(4)app/template/テンプレートコード/Mail/order.twig
・「※ は軽減税率対象商品です。」の表示条件を改善

(5)app/template/テンプレートコード/Mypage/history.twig
・「※ は軽減税率対象商品です。」の表示条件を改善

(6)app/template/テンプレートコード/Shopping/confirm.twig
(7)app/template/テンプレートコード/Shopping/index.twig
・「※ は軽減税率対象商品です。」の表示条件を改善

=============================================
2 htmlフォルダ内のファイル ★は新規追加
=============================================

(1)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.css
(2)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.css.map★
(3)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.min.css★
(4)html/template/テンプレートコード/assets/css/style.min.css.map★

(5)html/template/テンプレートコード/assets/css/maps/style.min.css.map★

(6)html/template/テンプレートコード/assets/js/function.js
・#shopping-formが、.ec-orderRoleに変更されている。

(7)html/template/テンプレートコード/assets/scss/style.scss

(8)html/template/テンプレートコード/assets/scss/component/_1.2.typo.scss

(9)html/template/テンプレートコード/assets/scss/mixins/_forms.scss

(10)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_11.2.header.scss
(11)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_12.2.eyecatch.scss
(12)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_12.6.newItem.scss
(13)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_13.4.cartModal.scss
(14)html/template/テンプレートコード/assets/scss/project/_14.1.product.scss

EC-CUBE4.0.3カスタマイズ版を4.0.4へバージョンアップする方法

ご注意!

バージョンアップは、あくまでもご自身の責任で行ってください。
上手くいかない場合の原因を特定することはできませんので、こちらでは対応出来ませんし、責任も持てません。
必ずバックアップを取り、元に戻せる体制を整えてから、バージョンアップをお願いします。

ご自身でカスタマイズ編集されているファイルが、今回のバージョンアップファイルに含まれている場合、ファイルを上書きすると編集箇所がなくなってしまいます。
編集箇所をご確認の上、ファイル上書き後に、ご自身の編集箇所を追加するようにしてください。

続きを読む EC-CUBE4.0.3カスタマイズ版を4.0.4へバージョンアップする方法

EC-CUBE4.0.3→EC-CUBE4.0.4 バージョンアップファイルの一覧

1 EC-CUBE4.0.4では、データベースが変更されています。

(1)dtb_delivery_duration
(2)dtb_csv
(3)dtb_page

EC-CUBE4.0.3のデータベースに対して、次のSQLで変更することができます。

———————————
UPDATE dtb_delivery_duration SET duration = -1 WHERE id = 9 and duration = 0;
UPDATE dtb_csv SET disp_name = “出荷ID” WHERE id = 105;
UPDATE dtb_csv SET disp_name = “出荷ID” WHERE id = 176;
———————————

———————————
UPDATE dtb_page SET meta_tags = “<meta property=””og:type”” content=””og:product”” />
<meta property=””og:title”” content=””{{ Product.name }}”” />
<meta property=””og:image”” content=””{{ url(‘homepage’) }}{{ asset(Product.main_list_image|no_image_product, ‘save_image’) }}”” />
<meta property=””og:description”” content=””{{ Product.description_list|striptags }}”” />
<meta property=””og:url”” content=””{{ url(‘product_detail’, {‘id': Product.id}) }}”” />
<meta property=””product:price:amount”” content=””{{ Product.getPrice02IncTaxMin }}””/>
<meta property=””product:price:currency”” content=””{{ eccube_config.currency }}””/>
<meta property=””product:product_link”” content=””{{ url(‘product_detail’, {‘id': Product.id}) }}””/>
<meta property=””product:retailer_title”” content=””{{ Product.name }}””/>” WHERE id = 3;
———————————

※ 税率の初期値が10%に変更されていますが、既に運用されているため、データベースの税率を変更する必要はありません。

続きを読む EC-CUBE4.0.3→EC-CUBE4.0.4 バージョンアップファイルの一覧

EC-CUBE4機能カスタマイズSP版:Q-Rコード

カスタマイズ内容

・ブロックを配置したページのQ-Rコードが自動的に生成されます。
・jquery.classyqrを利用しています。

商品一覧にブロックを配置

007-1

商品詳細では、ブロックが読み込まれています。(ブロック配置は行っていません)

007-2

商品詳細から削除、または、表示位置を変更

■src/Eccube/Resource/template/default/Product/detail.twig
257行目付近を削除、または移動。

007-3

EC-CUBE4機能カスタマイズSP版:ポイントお知らせブロック

カスタマイズ内容

ポイント機能を有効にすると、グローバルメニューの「商品一覧」で読み込まれます。
サイドカラム等に配置して使用することもできます。
ポイントレートは自動的に表示されます。
ログイン時は、会員名・所持ポイントが自動的に表示されます。

003-1

EC-CUBE4機能カスタマイズSP版:「支払い方法」の詳細を購入手続きと注文メールに表示する

カスタマイズ内容

・管理画面「支払い方法設定」画面で、「サイト表示」と「メール表示」を入力します。
・「ご注文手続き」画面の支払い方法の下に、「サイト表示」内容が反映されます。
・「メール表示」はメールに反映されます。

支払い方法設定で「サイト表示」用と「メール表示」用を登録

001

「ご注文手続き」画面

002

メールに反映

003