EC-CUBE3デザインテンプレート解説:テンプレートのアップロード

本解説は下記ページのデザインテンプレートダウンロード商品の解説です。
http://www.kaiplus.com/products/list.php?category_id=50

デザインテンプレート適用後のサイトデザイン
http://kaiplus.com/eccube3/1605a/

(1)オーナーズストア>テンプレート>アップロード
(2)コード・名称の入力とファイルのアップロード
テンプレートコード:半角英数字、名称は自由。
テンプレート名:名称は自由。
テンプレートファイル:[.tar.gz]拡張子のダウンロード商品を選択

001

 

(3)オーナーズストア>テンプレート>テンプレート一覧で、テンプレートを選択後「登録」する。

002

(4)テンプレートを登録するとテンプレートコード名でフォルダが2つ生成されます。
カスタマイズを行う際は、このフォルダのファイルを編集することになります。
■app/template/[テンプレートコード] ←twigファイル
■html/template[テンプレートコード] ←css fonts img js フォルダ

EC-CUBE3デザインテンプレート解説:プログラムファイルの入れ替え

本解説は下記ページのデザインテンプレートダウンロード商品の解説です。
http://www.kaiplus.com/products/list.php?category_id=50

デザインテンプレート適用後のサイトデザイン
http://kaiplus.com/eccube3/1605a/

 LoginController.phpの入れ替え

ダウンロード商品に同梱されている下記ファイルを入れ替えます。
■src/Eccube/Controller/Block/LoginController.php
LoginController.phpは、グローバルメニュー(login.twig、ブロック名:ログイン)をコントロールしているファイルです。
グローバルメニューで、「カテゴリー」を読み込むためにファイルの入れ替えが必要です。
▼LoginController.phpの変更点
「カテゴリ読み込み」2箇所を追加します。


$email = $request->cookies->get('email');
/* @var $form \Symfony\Component\Form\FormInterface */
$form = $app['form.factory']
->createNamedBuilder('', 'customer_login')
->getForm();
//▼カテゴリ読み込み
$Categories = $
app['eccube.repository.category']
->findBy(
array('Parent' => null),
array('rank' => 'DESC')
);
return $app->render('Block/login.twig', array(
'error' => $app['security.last_error']($request),
'email' => $email,
'form' => $form->createView(),
'Categories' => $Categories /*■カテゴリ読み込み */
));

こうすることで、カテゴリブロックを「#header」から外し、自由に配置することができます。

EC-CUBE3:インストール方法

1 データベースを作成

EC-CUBE3をインストールする前に、データベースを作成しておきます。
MySQLまたはPostgreSQL

2 EC-CUBE3アップロード

ダウンロードしたすべてのファイルをサーバにアップロードする必要はありません。
サーバにアップロードするファイルは次の通り。

app
html
src
vendor
autoload.php
cli-config.php
▼シェルスクリプトインストーラーを利用する場合
eccube_install.sh

001

続きを読む EC-CUBE3:インストール方法